head_img

無職男が知り合った女性

私は、41歳の無職の男です。もちろん、お金はありません。でも、性欲だけは人並み以上にあると思います。
元々は、スマートフォンにも興味も無く、最近までガラケーを使っていたのですが、友人の強い勧めで、渋々スマートフォンを購入しました。

 

そして、少しスマートフォンに慣れた頃、夜眠れない日があり、何気に無料でいい思いができないかなと考えながら、スマートフォンを触っていました。そして、無料チャットなるものを知りました。

それから、まさに「数撃ちゃ当たる」の精神で、いろいろな女性に、チャットで声をかけていました。

 

そして、数日後、ひとりの女性と仲良くなりました。その女性は、30代の栄養士でした。最初は、もちろん警戒しておられましたが、徐々に打ち解けていきました。そこで、重要なことは、たまたま、その女性と家が近かったことです。因みに、私は、自分が無職であることは伝えていました。

 

そして、間もなく、その女性が「あなたに会ってみたい」と言い出したのです。まあ、私としても、会うだけなら断る理由もなく、会ってみました。どこで会ったかというと、その女性はひとり暮らしで、家に来てくれとのことでした。


そして、待ち合わせ時間に家にお邪魔しました。それから、ショッピングに出かけました。すると、その女性が「あなたの笑顔が好き。付き合う?」と言いました。私は舞い上がってしまい、受け入れました。

 

ただ、その女性はレイプ体験があり、性行為には抵抗があるとのことでした。実際、キスも拒まれました。しかも、その2週間後に遠くに引っ越すことが決まっており、遠距離恋愛は避けられないところでした。なので、性欲旺盛な私としては、悶々とする日々でもありました。

 

また、その女性は精神疾患があり、気に入らないことがあるとすぐにキレて、困惑することもありました。しかし、顔が色っぽく、また、凄い巨乳で、見てるだけでワクワク、ドキドキするものでした。

 

それから、毎日のように会っていましたが、数日後に、「もうすぐ離れ離れになるから、Hをしてみよう」と言ってくれました。しかし、実際やってみると、やはり、変な雰囲気になりました。それからは、彼女の引っ越しの手伝いの日々でした。

 

そして、さらに数日後、また彼女が「Hしよう」と言ってくれました。そのときは、かなりいい感じになりました。そして、引っ越しする当日に、もう1回、Hをしました。合計3回、Hをしました。そして、彼女は、遠くに引っ越して行きました。

 

正直、彼女の精神疾患によるヒステリーには参っていて、どうしたものかと思っていましたが、幸い、遠くに行った彼女から連絡はなくなりました。


ページトップに戻る