head_img

SNSで出会った女性

出会いはSNSでの日記から

私は男性30代前半で職業は会社員です。会った女性は26歳でフリーターをしている女性でした。
私は好きなバンドがあり、若干マイナーなバンドを推していたために周りに語れる友人がいませんでした。当時登録していたSNSのバンドのコミュニティに入り、情報交換などを楽しんでいました。
そこでフレンドになった女性と仲良くなり、日記上でのコメント交換はするものの、実際にメールしたり電話などはありませんでした。


私は痩せるために当時ダイエットをしていて15キロほどのダイエットに成功することが出来、それを日記の記事にしました。すると女性陣からの食いつきが非常に良く自分ではただ頑張った経緯を書いただけなのですが、それをきっかけにコメントをくれたフレンドの女性と親しくなっていきました。


その女性は26歳でフリーターでした。会うまでに貰った情報はショートの黒髪、160cmと背は少し高めで、どちらかというと細身タイプなようでした。顔は会うまでヒミツと言われたのを覚えています。


どうやって痩せたのかという話や方法をしていくうちに仲良くなり、好きなバンドのコミュニティも同じだったので、話はどんどん弾み、電話をするほど仲が良くなりました。すると彼女がどれだけ痩せたのか実際に見たいと言い出し、会う事になったのです。ただ私は関西地方で彼女は九州地方でした。


彼女の実家が関西にあるという事で、実家に寄るついでに私に会いたいと言い始めたのです。
私はネットを通して女性に合ったことは一度もなく、SNSでも彼女は顔を出していませんでした。私自身も顔写真などは送っていないので、相手からもどう思われるかわかりませんでした。実際あってブサイクだと思われたらどうしよう、サクラかもしれないなどと思いながら、実際に合う日まで期待と不安が混ざり合った日々を過ごしました。

 

実際に会う日

待つ

 

待ちに待った当日、彼女ととある駅で待ち合わせました。約束の時間になっても現れないので騙されたかな、と思っていると柱の陰でずっと人待ちをしてそうな女性がいることに気が付きました。


背も高くショートの髪型で白いコートを着ていました。もしかしたらあの人かな?と考えていましたがこのままではラチがあかないので、恐る恐る「もう着いてる?」とメールすると「さっきからずっと待ってるんだけど」と返事があり、その女性だと確信しました。私は怪しまれないようにゆっくり近づいていき、白いコートを着たその女性に声をかけると彼女だったのです。彼女は本当にサクラではないのかと思うほど美人で驚きました。


彼女からも「やっと会えたね」と言ってもらい、そのままカフェに入りました。
実際会うとあまりの美人さにしどろもどろしてしまい、カッコ悪いところを見せてしまったと思いました。

 

しばらく談笑して、「そういえば痩せた身体どこで見せてくれるの?」と言われ言葉に詰まっていると「女の子に変なこと言わせないでよね!」と言われ、私から思い切って「プールでも行こうか」と言うと「真冬にプールがあるわけないじゃん!」と言われ、勢いに任せてホテルへ入りました。これが当時SNSを使って女性と出会えた体験談でした。


ページトップに戻る